« THE PRODIGYのベストアルバムを買った | メイン | the pillowsのシングル「サード アイ」を買った »

2005年11月21日

トラックバックスパムとrel="nofollow"について

ブログにトラックバックという機能がある。
簡単に言うと他人のサイトから自分のサイトに強制的にリンクさせる機能である。
元々は別のブログの記事を参照して、リンクしましたよってことを
通知する機能らしいが、実際には一方通行的なトラックバックスパムと
呼ばれる宣伝ツールとなっている。

その記事と関連した記事であればスパムではないという
考えもあるようだが、そうは思わない。
ここは全く大したことは書いてないし、影響力もないので
妙なトラックバックはたまにしか来ないが(来ても削除する)
電車男情報局はけっこう今までに何十件かあったかな。
こちらへのリンクがある場合ってのは圧倒的に少ない。

トラックバックされたら一応見に行って、こっちへのリンクがなければ
トラックバックを返したり、削除したり、様子を見る場合などがある。
トラックバックしてくるくせに、自分のところにはトラックバックできないように
してたり、こっちがコメントやトラックバックしても、しばらくすると削除されてたりとか
そういう不愉快な事もあった。勝手にコメントやトラックバックしてるのに
削除されると逆恨みするような輩もいるようだ。

トラックバックスパムする目的は、そのブログの主に見てもらう、
そのブログを見に来た人に来てもらうというのも、もちろんそうだが、
ページランクを上げて、検索エンジンで上位表示させること(SEO目的)が主だと思う。
ページランクとは、リンクされてる数が多ければ、検索エンジンに重要視されて
上位表示されやすくなるというもの。

検索エンジンで上位表示されると、何がいいかというと
自己満足もそうだろうが、今は個人でもアフィリエイトという
小遣い稼ぎが流行っちゃってるので、大抵は金目的だと思う。
トラックバックスパムするような輩は大体、アフィリエイトをやってる。
グーグルアドセンス、アマゾン、楽天、A8…といったリンクを貼ってる。

ブログの数が増えて、安易なトラックバックが増えて
本来だったら評価されないような、情報価値のないサイトが
検索するときに上位表示されて、ほんと使いにくいし不愉快だ。
おかしなトラックバックを放置してるようなブログがたくさんあるんだろうけど
そういうのはどんどん削除するべきだと思います。

一応コメント、トラックバックスパム対策として、
Aタグにrel="nofollow"という属性を入れると、検索エンジンの評価から
除外されるという機能もあるが、まだそれほど普及していない。
コメント、トラックバックのリンクにrel="nofollow"が実装されれば
スパムしてもメリットが少なくなるし、スパムしてるようなサイトが
検索エンジンで順位を落とすので、ぜひ普及してもらいたい。

今度、効果があるのかどうかわからないが、利用者の多い
各レンタルブログサイトにrel="nofollow"を導入するように要望を出してみようと思う。

参考
トラックバックとは 【track back】 IT用語辞典 e-Words
トラックバックとは - Wikipedia
トラックバックスパムとは 【trackback spam】 IT用語辞典 e-Words
ページランクとは 【Page Rank】 IT用語辞典 e-Words
ページランクとは - Wikipedia
米Google、リンク属性を利用したコメントスパム対策機能
ウェブマスターのための Google 情報

2005年11月21日 05:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:http://2ch-library.com/mt/mt-tb.cgi/670
こちらへのリンクがなければトラックバックできません

コメント