« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月22日

ピロウズのバンドスコアを買った

ギターは一応持ってるけど全然弾いてない。
にも関わらず買ってしまった。
これを機会にまた始めようかな。

通販のセットでかなり安いやつで一応エレキギターなんだけど
全然歪んだ音にならないんだよね。そういう知識とかも全然なくて。
教則本を見て簡単なメロディーとコードが弾けるぐらいだ。
とりあえずアンプとエフェクターが欲しいんだが。

BIOGRAPHYが1989年から細かいライブ情報とか
載ってて資料的価値がありそう。

バンドスコア Best Collection
the pillows Best Collection

2006年3月発売
B5判 / 248頁 監修:the pillows ★定価2,940円(税込)
掲載内容
●メンバー完全監修で楽譜の内容充実
●「各楽曲解説&アドバイス」スペシャル・インタビュー
●メンバー使用機材ページ
●バンド・スコア限定レア写真満載
●the pillows 17年間の歴史をまとめたバイオグラフィー&ディスコグラフィ−

[収録曲]
01. Swanky Street
02. ストレンジ カメレオン
03. ハイブリッド レインボウ
04. LITTLE BUSTERS
05. インスタント ミュージック
06. Funny Bunny
07. カーニバル
08. Ride on shooting star
09. この世の果てまで
10. バビロン 天使の詩
11. ターミナル・ヘヴンズ・ロック
12. その未来は今
13. WALKIN' ON THE SPIRAL
14. サード アイ
15. MY FOOT

ドレミ楽譜出版社

21:11 / コメント (0) / トラックバック

2006年03月21日

WBC、日本がキューバを破り世界一に

まずは優勝おめでとうございます。
大会が始まる前は注目してなかったし優勝はできないだろうと思ってた。
2次リーグで、もうダメかと思ったらメキシコがアメリカに勝ってくれて
奇跡的に復活してあれよあれよとね。
ちゃんと見たのは準決勝と決勝だけだが
日本が快勝したので見ていて気持ちが良かった。
やっぱり国を背負って負けたら終わりという状況でみんな真剣にやってるから
ものすごいいい試合になるね。スポーツを見ててこんなに面白かったのは
久しぶりだ。感動をありがとう。

WBC、日本が初代世界一の座に・10―6でキューバ下す
野球の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日、当地のペトコパークで決勝を行い、日本はキューバに10―6と競り勝ち、初代世界一の座に就いた。

20:56 / コメント (0) / トラックバック

2006年03月10日

「多重人格探偵サイコ」11巻を買った

今回は第1巻より以前の話。
サブタイトルがデッドマンズ★ギャラクシー★デイズって
本当にミッシェルガンエレファント好きなんだな…

相変わらず絵が上手い。残酷描写も多い。西園伸二はいいキャラだ。
話は風呂敷広げすぎというか、迷走気味で何がしたいのかよくわからないが
漫画として面白く、そこそこ売れてるのは作画の田島昭宇によるところが
大きいだろうな。デスノートも作画が小畑健だから見れる作品になってると思う。
小畑健は最近絵が田島昭宇に似てきたような気がする。
サイコの紙質でデスノートを読んでみたい。

サイコは漫画も全巻持ってるし、これからも買うと思う。
小説も角川から出た2冊とケンカして講談社から出した1冊を持ってる。
詳しい内容は忘れたけど、漫画をそのままノベライズしたものではなかった。
小説はその後発売されてるのか知らないけど。

多重人格探偵サイコ 11巻 田島 昭宇, 大塚 英志
多重人格探偵サイコ 11巻 田島 昭宇, 大塚 英志

02:09 / コメント (0) / トラックバック

2006年03月04日

また別のスーパー銭湯へ行ってみた

関連エントリー
スーパー銭湯行ってきた

↑とは違うところに初めて行ってみました。
少し近いが100円ほど高い。より温泉っぽい感じ。
お湯にぬめりがあって、風呂から上がった後もしっとりして
温泉みたいな匂いがする。ロッカーは自由に使えないで指定なのが嫌だった。
男湯に女の子の従業員が普通に入ってきて清掃しててちょっとびっくり。
ああいうのって平気なんですかね。逆は絶対無いだろうな。
スーパー銭湯ってどこも似たようなシステムなのかな。
これからも時々行くと思う。朝からやってるってのがいいやね。
帰り道にファミレスがあったり利便性もいい。

15:08 / コメント (0) / トラックバック

2006年03月02日

新井英樹「キーチ」8巻を買った

相変わらず素晴らしいです。
雑誌で見てたときより、単行本の方が断然面白い。
演出が面白い。場面が錯綜してごちゃごちゃしてるんだけど
説明的ではなく、何度も読み返したくなるくらい内容が濃い。
絵は綺麗な感じではないんだけど、漫画が上手いっていうのかな。

スペリオールでの連載は、子供編完ということらしい。
次は休載中のヤングマガジンのRINを書くのかね。
大人編も当然やるんだろうけど、作者はどうしたいんだろう。
愛と幻想のファシズムの鈴原冬二みたいなカリスマを描きたいのかな。
甲斐も日本を動かすとか言ってるし、政治的になっていきそうな感じはある。

キーチ7巻を買った

新井英樹 キーチ 8巻
新井英樹 キーチ 8巻

17:02 / コメント (0) / トラックバック